「否定しない」子育て

出版社:講談社、単行本:226ページ、発売:2008年3月25日

●次のような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

人前ではっきりものを言える子にするには?
優しさや思いやり、気配りの心を育てたい
言葉がきつく他人に厳しい性格を改善させたい

家でダラダラするのをやめさせるには?
マイペースすぎてイライラする!
ものごとに熱中できる子にしたい

「だらしがない子」を立ち直らせる方法
ひらがなばかりで漢字が使えない!
実力テストで点が取れないのはなぜ?

「ごまかし」「うそ」「ずる」を注意するには?
嫌がる習い事、続けさせるべき?
楽しみながら運動を好きになるには?

両親の帰宅を待つ一人の時間をどうしたら?
甘えん坊の子どもを早く自立させたい
いつまでも親子いっしょに寝てたらおかしい?

お金や物を盗ってきてしまう、どうすれば?
皆が大切に育てている金魚を殺してしまった!
いじめ?どう言葉をかけたら・・・

わが子を「かわいい」と思えない!
「しつけ」のつもりが「過干渉」に!?
子どもに命令口調で接していいの?

●非常に多くのみなさんが上記のようなことで悩んでいらっしゃいます。
これらは、どれもこれも本当によく親がぶつかる悩みばかりです。
それに対する親野智可等の回答がここにあります。

今現在も、同じようなことで悩んでいる親たちが世の中にどれだけいるか分かりません。
また、これからどれだけ多くの親が同じことで悩むか知れません。

ですから、ウェブ上に連載されたものを本という形にまとめていただいて、本当によかったと思います。
必要とする人たちと出会う可能性が、1つ増えたわけですから。

「教えて!親野先生」のコーナーでは、私は毎回全力投球で回答してきました。

これだけは自信を持って言えます。
というのも、どれ1つ取っても、簡単な悩みなどないからです。

●これは、正直なところ身を削るような仕事でした。
そのために、他の全ての仕事が遅くなることもしばしばでした。

ご相談をいただきながら、回答できなかったものもたくさんあります。
今この場をお借りして、お力になれなかったことを心よりお詫び申し上げます。
また、この度の書籍化にあたり掲載をご快諾くださった皆さん、ありがとうございました。

この本が、子育て中の多くの方々のお役に立てることを願っております。
すべての親子に幸多かれと、心よりお祈り申し上げます。

●PS

上記のような悩みをお持ちの方が身近にいらっしゃいましたら、ぜひこの本をプレゼントしてあげてください。

また、親の中には自分で自分の問題に気づいていない方々もたくさんいらっしゃいます。
でも、そういう方々に直接みなさんが指摘してあげるのは、はっきり言って難しいことです。

そういう場合、この本を読んでもらうといいと思います。
もちろん、わかってもらいたい夫に、妻に、おじいちゃんおばあちゃんに、先生にあげるのも効果的です。