親力革命──「親」であることにふと迷ったときに読む本

出版社:講談社、単行本:262ページ、発売:2007年3月16日

●子育ての悩みは人によって多種多様に見えますが、意外と似ているものも多いようです。
もちろん、それぞれの悩みはみな独自の事情の中にあるもので、その表れ方は千差万別です。

でも、それにも関わらず、その基本的な部分で類似点があるものが多いのです。
つまり、誤解を恐れずに言えば、親たちはだいたい同じようなことで悩んでいると言えるのです。

そして、まったく他の親が悩んだことのない悩みというのは、そうそうあるものではないのです。
今、あなたが悩んでいるのと同じようなことを、過去にも多くの親が悩んできましたし、今現在も多くの親が悩んでいます。

ということは、すでにどこかにその回答が存在している可能性も高いということです。
回答でなくても、少なくともヒントくらいはあるはずです。

●何度も言うようですが、もちろん個別の事情は違います。
それにも関わらず、他の親の悩みと相談は別の親のためにも大いに役立つのです。

今回、「教えて!親野先生」に寄せられた相談と私の回答が、一冊の本にまとめられることになりました。

ここには、子育てに一生懸命がんばっている親たちの真摯な相談と私の精一杯の回答が30編出ています。
今のあなたの、または将来のあなたの悩みを解決するヒントが、この中にあるかも知れません。

悩んでいる人とこの本が出会えればいいなと、そんな願いを持ちながら今これを書いています。

Q&Aのこの本は、一種の家庭教育事典とも言えます。
全部通読するもよし、ときどきの必要に応じて「引く」もよし、なのです。

子育てで悩んでいる人や、はたから見ていて親子関係が心配な人などが近くにいたら、ぜひ紹介してあげてください。

子育てや教育の相談を受ける側の方々も、ぜひご活用ください。

下記の悩みに回答しています。

●第一章 小学校入学前後は不安がいっぱい

知育教育と無縁な幼稚園で、心配
お友達をたたいてしまう、やめさせるには?
「できないこと」をごまかして逃げてしまう
声が小さくて、自己主張ができない
学校という新しい環境で、不安定になっている

●第二章 私の子育て、これでいいの?

片づけ物の管理ができない
恥ずかしがり屋で引っ込み思案
手遊びグセを直させたい
家に帰ってきてから遊びに出ない
なにかにつけ気にしすぎる
あまりに自己中心的な性格
「被害者意識」が強い娘への対応に悩んでいる

●第三章 友だち関係はトラブルだらけ

お人好しすぎて影響を受けやすい
学校で意地悪をされている!?
いっしょに下校する友達との関係に悩んでいる
同学年の友達とうまくつきあえない
小三の子どものクラスに、授業中大騒ぎする子が
危険な問題行動の子がクラスにいて不安

●第四章 学校の悩みは、貴重な体験をしているからこそ

朝になると学校へ行くのを嫌がって泣く
給食が原因で学校嫌いに
帰宅後、家でなにもしない
子どもが学校でひとこともしゃべらない
学校にママ友達がいなくて不安
担任が若い新任の先生に……だいじょうぶ?
嫌いな先生が担任に、どうすれば?
とにかく怒ってばかりの先生が担任に!
家庭訪問で聞いた学校での子どもの様子にショック
学校のいじめ対策を知りたいときはどうしたら?

●第五章 勉強嫌いは「楽勉」で

宿題になかなか取りかからない
やるべきことをいつも後回しにする
書く字があまりに汚い
早朝学習をさせているが、息切れが……

●第六章 新たな悩みは「成長」のあかし
反抗期?「みんなも・・・」と言い訳ばかり
わが子とその友達、離れるように言われた
勉強の努力が結果に結びつかない