子どもの抱える苦しみ悩みを解決するには?
NGな対応とOKな対応

●子どもがショッキングなことを言ったとき

「もう学校なんか行きたくない。学校なんか行ったってしょうがない」
「私なんていない方がいいんだ。もう消えてしまいたい」
「自信がなくなっちゃった。ぼくなんか何をやってもダメだよ」

もし、お子さんがこのようなことを言ったらどうしますか?
親としてはショックですよね。
親自身がパニックになっておろおろしてしまうかも知れません。
それで、焦ってしまって次のようなことを言ってしまいがちです。

「急にどうしちゃったの?そんなこと言わないで」
「そんなことないってば。あなたはがんばれるよ。大丈夫よ」
「そんなこと言われるとお母さん悲しいよ。お母さんを困らせないで」
「何言ってるの?そんなこと言ってないでもっとがんばりなさい」

このようなことを、甲高い声でとがめるような口調で言ってしまいがちです。

●まずは共感を最優先に

このように言われると、子どもは叱られているように感じてしまいます。
そして、「お母さんは、ぜんぜん私の気持ちをわかってくれないな。私がどんなにつらくて苦しいかわかろうともしてくれない」と思ってしまいます。

そして、「やっぱり言うんじゃなかった。もう何も言わないようにしよう」と思って、口を閉ざすようになり、ストレスを自分の中に溜め込むようになります。

こういうNGな対応にならないために、まずは親が冷静になることが大切です。
そして、閑かな落ち着いた声で、しかも優しく温かい口調で次のように言ってください。

「そうなんだ……。すごくつらいんだね。よっぽどイヤなことがあったんだね。ママにお話聞かせて」
「それはつらいね。でも、よく言ってくれたね。ありがとう。何があったのか教えてくれる?」

このように共感的に言ってもらえると、子どもは話しやすくなります。
というのも、「お母さんは私のことをわかろうとしてくれている。お母さんなら私のつらい気持ちをわかってくれる」と思えるからです。

大切なのは、まず子どもへの共感を最優先して、その次にもう少し詳しく話してもらうという順番にすることです。

●言語化できない場合はもっと難しい

ところで、大人から見ると子どもたちの生活は気楽そうに見えますが、実は、そうではありません。
いじめられた、友だちとケンカした、先生に叱られた、親に叱られた、勉強などで自信をなくした、などなど、子どもたちにも日々いろいろな困難や悩みが生じます。

そのとき、冒頭のように言葉で親に伝えられる場合は、それがたとえショッキングな言葉であったとしても、症状的にはまだマシと言えます。
本当に難しいのは、子どもが言葉にできないまま悩み苦しんでいるときです。
それについては、次回書きたいと思います。

前の記事 | 目次 | 次の記事