親が寛大なら子どもは正直になる

●子どものウソにすぐキレる親

子どもがウソをつくと親はかなりショックを受けます。
それで、つい叱る言葉がきつくなります。
ときには子どもの人格を否定するようなことを言ってしまうこともあります。

お前はウソつきだ。ウソつきは泥棒の始まりだ
お前は卑怯者だ
お前にはがっかりした
そんな子だとは思わなかった
育て方が間違っていた
もう信じられない

このような言い方をしてしまうと、子どもの心を深く傷つけることになります。

親は自分のことをウソつきだと思っている
自分はウソつきでダメな人間だ
親は自分のことを嫌っている
自分は親に見捨てられた

子どもはこのように思い込んでしまいます。

●子どもにウソはつきもの

私は、子どものウソはあまり大げさに考え過ぎない方がいいと思います。
というのも、そもそも子どもという存在はよくウソをつくものだからです。
みなさんも、子どもの頃よくウソをついたはずです。
ただ、それを忘れているだけです。

日本にも諸外国にも、花咲か爺さん、オオカミ少年、金の斧と銀の斧など、子どもに「ウソをついてはいけない」と教える話がたくさんあります。
子どもはウソをつくものだという認識が世界中にあるから、こういう話がたくさん作られてきたのです。

●子どもには解決力がないので、ついウソをついてしまう

大人は生活経験が豊かなので、何か問題があったときも、自分で解決方法を思いつくことができます。
つまり、応用力があって知恵が働くのです。

ところが、子どもは生活経験が少ないので、応用力がありません。
何か問題があったときも、解決方法を思いつくことができません。
ですから、正直に言って叱られるかウソをついてごまかすか、そのどちらかしかないということになりがちなのです。

それで、子どもはよくウソをつくのです。
しかも、子どものウソは稚拙なので、大人のウソよりばれやすいのです。

●親が寛大なら子どもは正直になる

こういうとき、子どもを正直にさせたいということで、ほんのちょっとのウソも許さないという姿勢で臨む親が時々います。
私もそういうお母さんを知っています。
子どものほんのちょっとのウソも決して許さず、責め立てて叱りつけるお母さんでした。

その結果どうなったかというと、ウソが上手な子どもになってしまいました。
子どもを正直にさせたいと思ったら、子どもがウソをつく必要がないようにしてあげることが大切です。

日頃から子どもの話を共感的に聞いてあげてください。
先生に叱られたとか友だちとケンカしたなどの話も、「ダメでしょ」と叱るのではなく、共感しながら愚痴を聞いてあげましょう。

子どもの失敗やミスを口うるさくとがめるのではなく、笑って許してあげてください。
おおらかで寛容な態度で接してあげましょう。
そうすれば、子どもはウソをつく必要がなくなって、正直になんでも言えるようになります。

前の記事 | 目次 | 次の記事