家でリラックスできて初めて外でがんばれる

小学校の教師をしていたときのことです。家庭訪問や面談で「お子さんは学校でよくがんばっていますよ」と伝えると、家の人から「家ではいつもだらだらしていて、やるべきこともやりません」という反応が返ってくることがよくありました。

みなさんの中にもそう感じている人が多いと思います。でも、家でだらだらするのは極めて当たり前であり、健全なことなのです。

大人でも、みんな外でがんばって家ではだらだらしています。外でがんばって家でもがんばるというのはたいへんです。

子どもも外ではけっこう苦労しているのです。たとえば、日々の授業で学ぶことは、大人にとっては既に知っていることばかりで簡単ですが、子どもにとっては初めて知るような新しいことばかりで、とにかく難しいのです。それが毎日続きます。

しかも、つねに先生が見張っていて、サボれば叱られます。授業だけでなく、掃除、係活動、当番の仕事、高学年になれば委員会や児童会の仕事など、あれこれ気を張ってやらなくてはなりません。

休み時間には子ども同士で過ごしますが、これもまた楽しいことばかりではありません。いばる子やルールを守らない子もいますし、馬の合わない子もいます。嫌なことを言われることもありますし、けんかに巻き込まれることもあります。

放課後は、児童クラブ、スポーツ少年団、塾、習い事など、またあれこれ気を張ってがんばらなければなりません。朝に家を出てからこれらの荒波を乗り越えて、やっと家に帰ってくるのです。だらだらしたくもなります。

ですから、家ではリラックスさせてあげてください。それで初めて外でがんばれるエネルギーが充電できるのです。家で親にガミガミ言われ続けていると、充電どころではありません。外でがんばることなどとてもできません。

それどころか、ためこんだストレスのせいで友達とのトラブルも増えますし、授業にも集中できません。また、イライラしていると視野が狭くなるので、交通安全の面でもたいへん危険です。

前の記事 | 目次 | 次の記事