やることをやらない子には「模擬時計とカード」

「早くしなさい。何時だと思ってるの!」「あと5分だよ」と毎朝子どもを急かしている人は多いと思います。子どもは「わかってる。わかってる」と答えますが、本当はわかっていないのです。

子どもは生活経験が少ないので、大人ほど時間の観念が発達していません。目に見えない量である時間というものは、子どもにとって極めて抽象的なものなのです。

「あと5分」と言われても、その5分でどれだけのことができるのか、あるいはどれだけのことしかできないのかということはよくわかっていないのです。

そこでお薦めなのが模擬時計です。模擬時計とは、画用紙にアナログ時計の絵を描いて、時刻を表す針を描き込んだものです。

登校前の身支度を7時15分に終わらせたいなら、針が7時15分を指した模擬時計を本物のアナログ時計の横に貼ります。

本物の時計の針が進んでいくに連れて、模擬時計の針との差が少なくなっていきます。つまり、残り時間が減っていくのが目に見えてわかるわけです。

そして、両方を見べれば「あと10分だ」「あと5分だ」とわかります。しかも、その「あと5分」のわかり方も、ただの数字としてでなく具体的な量として目に見える形でわかるのです。

時間の観念が未発達な子どもに対して言葉で急かすだけでは効果がありません。それどころか、つい言葉がきつくなって親子ともども嫌な気持ちになるだけです。

言葉だけに頼らず、「時間の見える化」をして子ども自身が行動のペースを調整できるようにしてあげてください。

宿題開始時刻、片づけ開始時刻、寝る時刻など、模擬時計は必要に応じて活用できます。もとをつくってコピーすれば、あとは針を描き込むだけです。ぜひ、やってみてください。

また、「洗顔」「朝食」「歯磨き」「トイレ」など一連のやるべきことを書いたカードを冷蔵庫に貼っておき、実行したら裏返すというのも効果的です。これは「行動の見える化」です。

前の記事 | 目次 | 次の記事