子どもが「宿題やりたくない」と言ったとき

子どもが「ああ、今日は疲れちゃった。宿題やりたくない」と言い出して困ったことはありませんか? それを聞いて、ほとんどの親は「何言ってるの? ちゃんとやらなきゃだめでしょ!」と叱ると思います。

でも、これでやる気が出る子がいたら奇跡です。やる気が出るどころか、かえってやる気をなくすのがオチです。

こういうときは、叱るのではなく、逆に「本当に大変だね」「ああ、宿題か…。イヤになっちゃうよね」と共感してあげてください。

親に共感してもらえると、子どもは「自分の大変さがわかってもらえた」と感じて、それだけで気持ちが楽になります。

そして、しばらく様子を見ながら、頃合いを見計らって「でも、しょうがないから、ちょっとだけやってみよう」「手伝ってあげるから、一緒にやろう」と言ってみてください。

「ちょっとだけ」「手伝ってあげる」「一緒に」などの言葉が、子どもの負担感をかなり軽くしてくれます。すると、子どもも「やらなければ」という気持ちはあるので、意外と素直にやり始めてくれるものです。

そして、やり始めて軌道に乗ってくれば、けっこう自分でどんどんやれるものです。

同じことは大人でも言えることです。たとえば、家に持ち帰った仕事があるとき、「ああ、仕事したくない。イヤになっちゃう」と、愚痴の一つも言いたくなります。

このとき、旦那か奥さんに「何言ってるの?ちゃんとやらなきゃだめしょ!仕事なんだから」と正論で突き放されたらどうでしょうか?ストレス倍増で、やる気など出るはずがありません。

逆に、「本当に大変だね。会社で一日働いて、また家でもやらなきゃならないなんて、疲れちゃうよね」と共感してもらえれば、気持ちが楽になります。そして、「まあ、しょうがないか。やるっきゃない」という気にもなれるというものです。

これは、子どもの宿題のみならず、家庭でも職場でも万事において当てはまります。常に、正論よりも共感を大切にしてください。

前の記事 | 目次 | 次の記事