写真で自己肯定感を高める

子どもが成長していく上で自己肯定感ほど大切なものはありません。自分に自信を持っている子、自分を肯定できる子、「やれる」と思える子、こういう子なら積極的にチャレンジできますし、壁があってもがんばって乗り越えることができます。

私は、子どもの自己肯定感を育てる一つの方法として、写真の活用をオススメします。つまり、子どもが輝いている姿を写真に撮って、見せてあげるのです。

輝いている姿とは努力の過程と達成の瞬間です。努力の過程とは、例えば、一生懸命ピアノの練習をしている、夢中で絵を描いている、お風呂洗いに没頭している、真剣に勉強している、などです。。

そして、達成の瞬間とは、ピアノ発表会で堂々と演奏した、縄跳び大会で活躍した、賞状をもらった、すばらしい絵ができた、などです。

どんな子にも輝いている姿はたくさんあります。でも、当の本人は意外とそのすばらしさが自覚できないものです。しかも、忙しい生活の中でどんどん忘れ去ってしまいます。これはもったいないことです。

写真によってそのすばらしい姿を切り取り、目に見える形にしてあげてください。本人も気づかなかった自分のすばらしい姿を、写真によって自覚できるようにしてあげるのです。同時に、「がんばったね」など、言葉でもほめてあげましょう。

そして、こういう写真を目につく所に貼っておきましょう。すると、つね日ごろ見ることができ、自分の輝いている姿を繰り返し反芻できるようになります。

人間の脳は、本人が意識していないときも常に情報を集めているそうです。そして、その情報を無意識のうちに再構築して意味づけているそうです。

つまり、このような写真を見ているうちに、いつの間にか子どもの中にある認識ができてくるのです。「自分はけっこういい感じだ。自分はがんばっている。自分はやれる。がんばれる。努力できる。達成できる」と思えるようになるわけです。

これによって、自己肯定感が高まり、よい自己イメージが持てるようになります。なんといっても証拠の写真があるのですから間違いありません。

前の記事 | 目次 | 次の記事