地理

都道府県の名前、地方、位置、形、特産物、名所、庁所在地の7つが楽々覚えられます。秘密は楽しい五七五。「なまはげも八郎潟で米作れ」(秋田県)
豊富な写真で、日本の自然、産業、くらし、伝統文化、特産品、観光名所、各都道府県の特色を紹介。見ているだけで楽しい気分になりいつの間にか地理が大好きになります。
各国の自然、産業、特産物、衣食住、伝統文化、風俗習慣、歴史上のエピソードなど。写真とイラストも満載。小・中学校の社会科や国際理解の授業にも役立ちます。
地球を実際の「球」という立体でとらえることができ、実際の地理的な関係が理解しやすくなります。地図帳と地球儀をテレビの横におき、出てきた地名を探しましょう。
手の平に載る320円の地球儀。
家に1枚、あるとないとで大違い。県名、川、山、世界の国々を覚えるポスター。一人で、または親子で楽しく覚えます。じょうぶなポスター、長く貼っておけます。
壁に貼ってニュースやスポーツで耳にした国を探してます。油性マジックで、行った国や覚えた国にマルを書きこんでいます。(レビュー)
日本の8つの地方と都道府県の様子を位置、面積、人口、歴史、自然、産業について楽しくわかりやすく解説。地図や図表の読み取りを通じて、社会科の学力をつけます。
学生に必須の地図学習。その基礎の都道府県名を、誰もが覚えることができるように、日本地図の迷路で紹介。クロスワードやなぞなぞなどで、楽しみながら日本地図を覚えられ
る。
47都道府県地理的な特徴のひみつをまんがで解説。「実はこんなことが日本一」という都道府県ネタも満載。47都道府県と7つの地方の地理、歴史、産業、文化が楽しくわかる。
楽しみながら日本の地理をマスターできる学習ゲームソフト。クイズを繰り返して解くことで地理の知識を増やすことができる。
覚えやすく、歌いやすい曲ばかりですので、親子で楽しんで聞いているうちに、火山帯や国立公園の名前を思わず口ずさんでしまいます。
「隣接する都道府県」もしくは「同じカテゴリー」の条件に合うカードを1枚づつ場に出していき、手持ちのカードを一番早く無くしたプレイヤーが勝ち。シンプルなルールで家族で遊べる。
都道府県のパズル。縮率は200万分の1、鳥瞰図方式を採用。一見して地形を見渡せる。パズルと同縮率の白地図が付属。白地図上で全ピースをつなげると全長1m近い日本地図を再現。
私たちのこの地球には、いったいどんな人たちが暮らしているんだろう?世界にはさまざまな民族、風習、言語、文化などがあり、それぞれがちがっていることの素晴らしさを伝える大型絵本。
『日本で一番高い山「富士山」は、世界の山に比べて高い、低い?』人口や面積、自動車の生産量などを、日本と世界の6つの地域の一番の国と比べることで、“日本”と“世界”の違いが見てわかります。
都道府県・都市・自然など、日本地図についてバラエティに富んだ形式のパズルやクイズを出題。「盆地」「子午線」など、地理用語もイラストでやさしく解説
130のテーマで楽しむオールカラー地図百科。冒険、探検による世界の広がりがひと目でわかる。昆虫やモンスターなどの楽しい地図もいっぱい。
歴史を学ぶとき、どの時代がどれくらい長いか短いかというのは教科書からはわかりにくい。30cm定規にみたてて、日本の各歴史の長さを一目瞭然に示したのは非常におもしろいと思う。(レビュー)
物の溢れる日本に住むわたしたちが、地球の現実を知り、豊かさとは、家族とは、と改めて考えさせる一冊。
乗り物・学校・市場・トイレ…ゆりかごから墓場まで、地球に暮らす様々な人々の営みを、106テーマ・2150点の写真で紹介する。みんなちがってみんないい。
この本の写真は単に世界中の住居を紹介しているだけでなく、どのページからもひしひしと伝わってくるなにかがある。地球の広さを再認識させてくれます。(レビュー)
この本では世界中の家族とその1週間分の食材、エピソード、統計を見ることができる。壮大なプロジェクトからは貧困、肥満、食の安全などの課題をおのずとあぶりだしていく。(レビュー)