発達障害

友達がいない、落ち着きがなく忘れ物が多い、兄弟げんか、子をかわいいと思えない、怒り出すと止まらない自分、離婚で子どもが寂しそう、自分の母親を許せない、すぐ怒る夫、発達障害の子。
本書では発達障害について詳述。自閉症、その他の障害を持つ子供の親御さんたちに、どのように子供に接するべきか、学校の選択などをするべきか、現実的にアドバイス。(レビュー)
LD、ADHD、アスペルガー症候群、高機能自閉症などのある幼稚園・保育園の幼児。日常生活の中でどのように対応したらよいのか?具体的な実践サポートの方法を分かりやすい図解イラストで要約。
LD、ADHD、高機能自閉症、アスペルガー症候群などの発達障害の小学生。奇妙にうつるわが子の行動を理解し、焦らずに付き合っていくための一冊。イラストを見開き対応に。ビジュアル的に理解しやすい。
今どのような状態で、何ができて、何が課題なのか。中学生を中心とした思春期の発達障害の子どもの、そのタイプに応じて、それぞれの状態を客観的に見直し、どんなことに取り組めばよいのかを示します。
適切な「言葉かけ」で発達障害の子は大きく伸びる! 家庭で楽しく行える、ABA(応用行動分析)を利用した「言葉かけ」を具体的に紹介。手洗いの時の言葉かけ。食事の時の言葉かけ。遊びの時の言葉かけ、など。
落ち着きがない、順番が待てない、姿勢が悪い、人の話を聞けないなど発達が気になる子。その原因のひとつと考えられている触覚、聴覚防衛・重力不安など感覚統合の不全について解説。
「朝の支度ができない」「何度注意してもやめない」「口ごたえする」など、大人がイライラしがちな発達障害の子の問題行動ごとに、どんな言葉をかけたら伝わりやすくなるのかを解説。
著者自身、発達障害&グレーゾーンの子3人を育児中。怒ってばかりだったが試行錯誤しながら「どうすれば分かりやすく伝えられるのか」研究。「笑顔でラクラク子育て」できるようになりました。アイデア満載。
アスペルガー症候群と診断された作者が、自らの体験をもとに発達障害がある子どもたちの暮らしを愛情こめて描きます。医師監修による解説と親や先生のための発達障害がわかる用語解説付。